DEITOUDA
1件ずつ表示
2021年1月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31




2021/01/12
FROZEN ONION
凍りの玉葱





今日の話を書くにはまず前提の話を書かなければいけない。
既に書いたことあることも含まれてるが一度読んでも覚えてるとは限らないし、この前提が無いと結論だけの凄い短い話になってしまう。





俺が今の部屋・当時母が一人で暮らしていたマンションに越してきた時に母から言われたのが、近所のスポーツジムに入会しろということ。
それはデブだから運動しろっていうことではなく(いや、母親はそう思ってるんだけど)、風呂はスポーツジムで入れという意味。

母親の計算では自宅の風呂に入るよりも毎日スポーツジムの風呂に入った方が掃除の手間とか水道料金とかもろもろ含めて得であるとなったらしい。

風呂は母の服などが置かれた倉庫となっており、自宅で風呂に入りたかったら全ての荷物を出さなければならない。


という状況が去年の春頃まで続いていた。




当時既に肺に癌があった母がスポーツジムの風呂に行くのがしんどい、というかスポーツジムに向かうだけで息があがって辛いと言い出した。

そうなると母はうちで風呂に入ることになるし、母がうちで風呂に入るのなら俺もうちで風呂に入る方が得なので去年の春頃に母と俺は近所のスポーツジムを退会した。


倉庫と化していた風呂場から荷物を大移動させた。
処分したり、ハンガーラックを購入して母の部屋に置いたり。

倉庫と化していた風呂場には食べ物も置かれていた。
冷暗所に保存しておく必要のある野菜などはそこに置かれていた。



実は我が家にはもう一か所普通は食べ物を置く場所ではない場所が食べ物の保存所になっている場所がある。

それはベランダだ。



ベランダに衣装ケースを置いてその中に食材を保存しておくのだ。
主に米を米びつに入れ、米びつを衣装ケースに入れている。
我が家は米を炊く度にベランダから米を持ってくるのだ。

風呂場に置いてあった食材はベランダの衣装ケースに移動した。




ここまでが前提の話。





近所のスーパーでは偶に玉ねぎを凄い量ひとまとめで売ってることがある。
まとめて買った方が得なのでそれを購入する。
玉ねぎは割りと色んな料理に使えるのでキープしておきたい食材だ。

以前は倉庫だった風呂場に置いていたが風呂場を風呂場として使うようになってからは置くことが出来なくなってしまった。


そこでベランダの衣装ケースの中に置いていた。




昨日、玉ねぎのスープを作ろうと思い衣装ケースから玉ねぎを出した。



玉ねぎはかっちこちに凍っていた。
玉ねぎの形をした玉ねぎの氷。



そういやたまたまここ最近玉ねぎを使った料理を全然してなかった。
少なくとも今年に入ってからは一度も使っていない。

年末の何日だったかは忘れたがパスタの具材に玉ねぎを使ったのが最後だったと思う。
でも、その時は全く凍っていなかった。
だから玉ねぎが凍ることなんて全く想定していなかった。


そういえば去年のこの時期は玉ねぎは風呂場にあった。
ベランダではなかった。
玉ねぎには水分が含まれているんだから凍ってもおかしくない。
なのにすっかりそんなことを想定していなかったのだ。


凍った玉ねぎを切るのに若干苦労したがまぁちょっといつもより力を入れたくらいですんだ。



で、その玉ねぎでスープを作ったんだけどなんかすげぇ甘い。
この玉ねぎこんなに甘かったっけ?




この日記を書くにあたって「玉ねぎ 冷凍」でググった。
どうやら冷凍することによって玉ねぎは甘味が増すらしい。





さて、一度凍ってしまった今ある玉ねぎはもうしょうがないので今まで通りベランダに置いておくが、今後買う分に関してはどうやって保存しよう。

何処におこうかなぁ。。。